住み込みで働く | 求人情報を探す際には細部まで情報を確認して働くことが大切

住み込みで働く

住み込みの仕事のこれまでの歴史とは

明治や大正時代、あるいは昭和の初期であれば、学校を卒業してから飲食店や商店で住み込みで働くのはごく一般的である。特に住み込みとして働くことで、どのような業種でも仕事の基本が学べる点が大きな特徴である。また住み込みとして働く人の中には独立開業を目指すケースも多く、10年以上の修業期間を終えてから店を持つのがこれまでの歴史的特徴であろう。しかし戦後になり雇用環境も大きく変わったために、住み込みとして働く業種の変化も目立つであろう。特に人々が余暇に時間をかけるようになったために、ホテル業界の仕事が中心になったのが最近の数十年のトレンドである。そしてリゾート地のアルバイトとして、住み込みで働くケースが現在も増加中である。

今後の求人の動向と予測

経済環境が大きく変化する中で、24時間営業を行う業種が今後も増えるので、住み込みの求人のニーズが更に高まることも予測可能である。特にリゾート地の場合には地元での人材確保が難しいために、今後も都市部からの人材確保に依存するであろう。そのためには大都市の人材を住み込みという形態で採用することが必要である。そして良い人材を獲得するために、従業員向けの宿舎の整備や職員食堂の整備も行われるであろう。また一方で都市部であっても介護業界であれば、深夜も働ける人材確保が今後も大きな課題であり続けるであろう。したがって施設内に職員向けの宿舎を確保して、住み込みとして勤務可能な良い人材を積極的に採用するであろう。